FC2ブログ
鈴木美海 -suzuki marin- ときどきブログ
いろんなこと、たまにお知らせ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとりごちた一日
鈴木美海です。

今日は、自分と向き合う時間がたくさんありました。
電車の中、車の中、仕事の合間、夕食。

昼間、いろんな人の顔を思い浮かべたり、考えてるうちに
なんだか空を見上げたくなって、その見上げた空を
写真に収めてブログに乗っけようかと思ってたけど
雲ひとつない青空のため、見上げるだけにしました。

この空で繋がっている世界の中では、大地震で深刻な
被害を受けている地域もあれば、まだ真夜中の国も
あるし、一人でタバコ吸いながら空をぽかんと見上げてる
自分がいて…  なんて色々イメージしたりして。

無いものねだりで、今以上を求めるばかりで
そのわりに知った風な口をきいて、動くことを億劫に思う。
救いようがないな、と自己嫌悪して堂々巡り。
めんどくせー性格だって自分でまた笑う。
そもそも、こんな愚痴をここでこぼす事に腹が立つ。
自己満足なんだろーなー きっと  

毎日「やらねばならない」という課題を一つ自分に科して
「小さな我慢」も必ず一つ、継続的にしていこうという結果に
辿りついちゃいました。
ひとまわり、大きくなるため 楽しみながらレッツトライ。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>hal shimpachiさん
希薄・・・
自分で客観視出来ない分、貴重なお言葉として受け止めさせて頂きます。
常に模索しながら、試しながら、反省しながら、一つの角度から見てしまわぬよう、気をつけています。
また期待しててください!!
2011/03/25 (金) 11:15:15 | URL | 鈴木美海 #-[ 編集]
ふと、思ったことですが、、
初めて聴かせていただいたライブはワンマンでの弾き語りでした。

そこに、大きな世界が見えた(聴こえた?)様な気がしています。

今、音が厚くなった分だけ、あの世界が希薄になった様な気がするのかな、とこの頃の曲を聴いていて感じる事がありました。
勿論、歌い手の気持ちは、その聴き手の想いとは別ものですが、ふと、そんな風に感じたものですから、どうかなぁと思って。

多分、聴き手の勝手な想いかも、ですので気にしないでください(^!^)

2011/03/23 (水) 09:29:16 | URL | hal shimpachi #DgAxMlRE[ 編集]
>ちひろさん
ありがとうございます。

確かに、欠点と利点は背中合わせですし、物事はすべて捉え方次第、要するに自分次第ってことですもんね。
『柳のように揺れながら、それでも軸を、柳は持ち続けるように。』
いいこと一つ教えてもらいました。

不器用でも、進むしかないから折れない軸を持ちながら進ませてもらいます!

震災で受ける心の動揺は、大きいかと思います。
安易に頑張れ!とも言えないのですが、ゆっくり乗り越えてください。
有難うございました。
2011/03/22 (火) 17:06:18 | URL | 鈴木美海 #-[ 編集]
>あきさん
のんびり聞きながら・・・
嬉しいっすねえ~
BGMとして、どこかで誰かの生活の中に自分の曲をセレクトしてもらえることは、この上なく光栄です。
ずっと愛聴してやってください。
2011/03/22 (火) 16:57:26 | URL | 鈴木美海 #-[ 編集]
最後が切れてしまった‥
長すぎたのか、恥ずかしい事に最後が切れてしまってたので、すこしだけ‥

素敵な絵に出会った時のように、
ときめきや刺激って、どんどん人に伝染していくんだと思いました。

美海さんのブログの発信や音楽が、まさそうで、
これからも頑張って下さい




2011/03/22 (火) 08:23:10 | URL | ちひろ #-[ 編集]
一人タバコふかしながら
空見るってかっこいいですね:)

今日は
美海さんの曲ききながら
のんびり
寝たいと思います

2011/03/21 (月) 13:57:43 | URL | あき #-[ 編集]
向き合う勇気って、
向き合う勇気って、誰もが持ってるものではないような気がします‥
多くの人の場合、
向き合うのは、痛いし、怖いし、
避けて流してしまう人が殆んど。

どんなに堂々巡りでも、
美海さんは人一倍勇気と潔さがある方なのではと、
勝手ながら思います。
柳のように揺れながら、それでも軸を、柳は持ち続けるように。

ライブで一度お見かけしただけですし、
ブログにお邪魔するだけの私ですが

私の愛する人の中にも、欠点も、上手くいかない所も、どう考えても足りない所があったとしても、
(愛する故かもしれませんが)全てをひっくるめて、
魅力も欠点も、
丸ごと一まとめで、
完成された一個体に見える人がいます。

美海さんはそんな風に愛される人の一人な気がしてなりません。
(中には残念ながら、どんなに恋しても、そう思えない人もいます。)

私も、震災のショックからなのか、なかなか日常の心地に戻れなかったりしています。
地震の瞬間、もし、もっと揺れが酷くなったら、最愛のものをどうやって守り抜けるかが不安でした。それだけが怖くて。

でも、美しい絵に出会った時のように、
ライブでの美海さんも、ブログも、発信する事や諸々の刺激って、ど
2011/03/21 (月) 11:53:35 | URL | ちひろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 鈴木美海 -suzuki marin- ときどきブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。