鈴木美海 -suzuki marin- ときどきブログ
いろんなこと、たまにお知らせ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ一人旅マジすげーの巻 vol.6

どうも、鈴木美海です。

やっぱ一週間の旅とはいえ、それなりにあるもんですね。
また続きを・・・

CIMG6005.jpg CIMG5999.jpg
ラスベガスといえば、夜を彩り輝くネオン的なイメージが強い
ですが、昼間は以外と普通です。
でもリムジンが多いし、TAXIも派手(笑)
兎にも角にも、すっげー暑い!!38度とかでした。
湿度が低い分過ごしやすいのですが、喉が渇くって渇くって。

でも、残念なことにお茶が飲みたくても売ってないし、ちょっと
小腹が減ったな~と思ってもおにぎりも無い…。
いくらさっぱりしたくても、甘ったるい炭酸かジュースしか
なかったので、水を買ってました。外国ですね。
ちょこちょこお土産を買いながら、バスで3~40分掛かるところ
にあるアウトレットモールにも足を運んでみましたが、やはり
アメリカサイズのため、あんまり無かったのが残念。
CIMG6010.jpg CIMG6012.jpg
夜は夜で確かに華やか!!一人で田舎者のようにワクワクしてました。

せっかくベガスに来たんだから、何かショーを観ようと思って
プラプラ歩いていたところシルクドゥソレイユ発見!!
さっそく『ZUMANiTy』というショーのチケットを買いに行きました。
ここでも英語ですが、なんとか通じた(笑)
CIMG6006.jpg CIMG6008.jpg
このポスターから見て取れるように、過激だった…刺激的な夜だ… 
簡単に言うと男と女、エロスのショーでした。
女性は上半身裸だし、男性も大事なところを最小限に隠すだけの衣装。
しかもそんな格好で客席を歩くんです。
全部は理解出来ないけど、ものすごいパフォーマンスを目の前で
繰り広げる、迫力と斬新な舞台・構想に、ドキドキしてました。
そしてエロを含んだ大人のジョーク連発。大笑いですよ。

観客参加型な一体感を感じられる素敵なショーでした。
もちろんダンスも歌も素晴らしく、魅せられまくりました。
これは日本ではまず見られまい!!
フラッと入ってみただけが、雷を打たれたような感覚を味わえた一時。
アメリカはすごいな~ カッコいいな~って。
一人旅最後の夜が最高となりました!!

翌日は19時発のフライトだったので、ホテルに荷物を預け、
残りの時間をまた街中散策に。
CIMG6014.jpg CIMG6017.jpg
昼食は、もう何を食べても美味しくない覚悟がありましたが、
今度こそ、とビュッフェに懸けてみました。
・・・が、まずーい。
馬鹿でかいビュッフェで種類も豊富でしたが、味気無いんですよね。
でも悔しいからお代わりして、コーヒーも飲んで満たしました。

途中、ホテルに人だかりが出来ていたので覗いてみるとライオーン!
子供ライオンも抱っこ出来るスペースがありました。
かわいいっすね。
ふと、家で待っている犬猫を思い出しました。

あぁ、もう帰るのか。ホッとする気持ちより、もっと色んなところに
行きたいと思う気持ちが本当に大きかったです。
時間と費用が許す限り、また知らない世界をこの目で見たいと。

帰りもまた、ベガスからロスに飛び、ロスから日本へ。
夜中なのに目も頭もギンギンに冴えていて、映画観まくり、機内食を
完食し、ビールも飲みました。
行きも帰りもデルタ航空だったため、日本語が通じにくい状況でしたが
帰りは臆することなくC.Aさんとも話せました。
人って、環境でいくらでも変わりますね。

はぁ~楽しかった。

次回こそ、総集編!!
スポンサーサイト
アメリカ一人旅マジすげーの巻 vol.5

鈴木美海です。

毎日あちーっすね。


旅も終盤!いざ、グランドキャニオンへ。

早朝、5時半に集合場所へ。
すっきり目覚めてホテルのロビーに下りると、まだカジノ
やってる人達がいました。すげーパワーだな。
とことん遊ぶために来る場所なんですね。

集合場所に雀がいたんですけど、なんかバッチィ感じ(笑)
その辺にいた3羽とも、みんな毛がボサボサでくすんだ色。

集合場所からバスに揺られること1時間ほど。
グランドキャニオンまで直行で行けるセスナに乗ります。
CIMG5938.jpg
ガタガタ揺れて騒音も半端なかったですけど、やっぱり
空を飛ぶのは気持ちがいい。終始窓の外を見つめていました。
CIMG5940.jpg CIMG5942.jpg
どこまでも続く自然が生み出した、荒涼とした景色。
もしここに落とされたら、…とか考えつつ。
スケールの大きさに毎回驚かされます。世界は広いんだなー。

セスナに揺られること1時間、着いてからもまたバスに
乗り込み、30分くらい。
車内でお弁当が出ました!腹ペコだったから嬉しい!
CIMG5943.jpg
ローストビーフのサンドウィッチとリンゴとお菓子。即効完食。
バスガイドさんがずっと喋ってて(もちろん英語)みんな
和やかに笑って、合いの手を入れて、楽しい雰囲気。
分からないなりに、空気を楽しんで笑ってました。

さて、ビューポイントに到着!このツアーはサウスリムの
ヤバパイポイントとマーサポイントの二ヶ所を観光。

絶景!!!! パノラマに広がる大自然の山々。
CIMG5953.jpg CIMG5946.jpg
正直な感想は、こんな景色見たことがないから、合成みたいな
作り物みたいな…嘘のような世界。そんだけ、漠然とした景色。
地球が丸く見えるのは気のせいか?
ずっとこの目で見てみたかった世界。
人間は、小さいなんてもんじゃない。比にならない。

RADWIMPSの「有心論」の歌詞、
「誰も端っこで泣かないようにと 君は地球を丸くしたんだろう?」
そんな言葉が初めてちゃんと思い当たったようで、
ああ、本当に丸いんだなぁ。素敵な世界だなぁ。
そんな感動がありました。
CIMG5947.jpg CIMG5949.jpg
CIMG5965.jpg CIMG5976.jpg
いっぱい写真ありますが、ピックアップしたやつだけ。
人と比較すると、壮大さが伝わりますね。
一番下の地層は、約1億8千年前のもだそうです。
それだけの途方もない時間をかけて、この絶景が出来た・・・
地球の恩恵をもっと感じるべきなんだ。

リスは、野生です。絶対に餌をあげたら駄目だそうです。
レンジャーに見つかったら、高額な罰金を取られるとか。

ものすごい陽射しと暑さの中で、時間が許す限りずっと、じっと
見つめていたので、一日で日焼けしました(笑)


もっと世界を見るべきだと、思いました。
一人で来て良かった。心からそう思えた時間。
日常のいろんな物事から解放されて、この足で、この目で
知らなかった新しい世界を感じて。
一週間で何が変わるわけじゃないけど、旅に出る前の自分とは
きっと何かが違う。
必ず、また大自然を感じにいこうと思いました。

次回は旅の総集編! お楽しみに~




copyright © 2005 鈴木美海 -suzuki marin- ときどきブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。