鈴木美海 -suzuki marin- ときどきブログ
いろんなこと、たまにお知らせ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ一人旅マジすげーの巻 vol.4
ども、鈴木美海です。

こないだ友達の友達がやっているというポールダンスを
観て来ました。
下着姿で、なんとまあセクスィーなこと。
本当にポールに絡み付いて自由自在なパフォーマンスを
するんですね。すごく妖艶でした。
きっと相当な練習と、スタミナ、筋肉が必要だろうなーと
見ながら尊敬の念を抱きました。
カッコよかった!!また見に行きます!

さてさて、アメリカの旅もいよいよ終盤。
ロスから1時間半ほどのフライトで砂漠の国ラスベガスへ!!

CIMG5921.jpg
ラスベガスの空港内のバッゲージにて。
聞いてはいたけど、普通にカジノがあるんですね。
やはり他の空港と違って煌びやかです。
しかし空港から一歩でると灼熱地獄ー!!!
きたー!!! 気温38℃!!!
25~6℃のロスとは一転、焼けるような暑さでびっくり。
しかしここもまた日本の「うだるような暑さ」は全く無く
カラッとしてて、汗をかいてもサラサラ。心地良いっす。

で、空港からバスでホテルまで向かおうとしたところ、
下調べしていたバスは無く、まったく違うバスで、
システムも違う・・・戸惑いました。
来るバス来るバスの運転手さんに行き先を尋ねて、やっと
乗れたと思ったら乗り換えもある・・・
恰幅のいい黒人のおばさん運転手にペラペラと説明されて
なんとか、反対側に来たバスに乗ることを教えてもらい
ました。しかもバスのチケットを購入してなかったので
無料で乗せてくれました。
まだ理解しきれずに「?」の顔をしながらバスを降りると
今度は地元の方と思われるおじいさんが、一部始終見ていた
らしく、ペラペラと喋りながら乗り場まで案内をしてくれました。

すっごい、人に助けられてる。人はあったかいですね。
CIMG5923.jpg CIMG5925.jpg
左の写真は2泊するエジプトを匂わせるホテル、ルクソール。
値段もお手頃だし、何より空港に一番近い。
右の写真はなんとなく街並みを撮影。
CIMG5930.jpg CIMG5931.jpg
ピラミッド形のホテルの中はとても広く、客室もピラミッドに
沿って斜めに作られていて、エレベーターも斜めに上がるんだと。
馬鹿でかいフロントの後ろにはすぐ馬鹿でかいカジノが広がって
いるのですが、撮影しちゃいけないみたいで撮れませんでした。
しかし、すごい人、人、人。
右の写真は、泊まる部屋!デラックス!広くて快適です。

翌日はグランドキャニオンツアーで朝5時半集合のため、ホテル
にあるバーに入り早めの夕食とお酒をとりました。
CIMG5937.jpg CIMG5936.jpg
バーもそうだし、ホテルも全体像を撮れないから、めちゃくちゃ
広い建物なのに伝えられないな(笑)でも、全部デカい。
チキンとアボカドの何ちゃら&ピラフ、とジントニック。
うんまそ~!と思いきや、見た目以上に料理が不味い・・・
ピラフなんてパッサパサ。
でも、ここでも店員さん、みんな親切。
もちろん観光客だって分かってるからだろうけど、確かに優しい。
ここでも「大丈夫?味はOK?」と笑顔で何度も聞いてくれる。
つたない英語でも、コミュニケーションがとれる喜びを感じながら
ゆっくり食べて、飲んで、ちょっとカジノやってから、就寝。

さあ、明日は本物のグランドキャニオンだ!!
スポンサーサイト
アメリカ一人旅マジすげーの巻 vol.3

鈴木美海です。
毎日暑いですねー 夏独特の開放的な雰囲気は大好きですが
やっぱ秋、冬の空気がいいなー

とか言いながら、今年もいっぱいビール飲んで夏を謳歌します!


ハリウッドのチャイニーズシアター近くにて、
CIMG5897.jpg
マイケル・ジャクソンです。彼は本当に世界中の人に愛されて
いるんですね。たくさんの方が花を供えたり、じっと写真に
見入っていました。
「This is it」を観ましたが、エンターテイナーとしての意識、
センス、パフォーマンス、努力、すべて一流で格好よすぎました。
一度でいいから、生でライブを観てみたかった。


さてさて、旅の三日目は、いよいよ目的のグランドキャニオン
に近づくため、ロスからラスベガスへ国内線にて移動します。
CIMG5911.jpg
ホテルの朝食ビュッフェ。そろそろ味噌汁が恋しい時期です…
何食べてもジャンクフードだし、あんまり美味しくないし(笑)
ホテルの近くにあるパントリーカフェに行ってみたかったので
すが、写真の通り毎日長蛇の列。結局行けませんでした。
CIMG5918.jpg CIMG5914.jpg
レンタカーを返しに行った帰り道、至るところに新聞の販売機?
がありました。なんだかいちいちカッコいい。

昼過ぎにまたロサンゼルス空港に向かい、ラスベガスへ!!
の途中、マック発見。アメリカのマック食べてみたかったん
ですよねー ひひ。
肉が、日本よりジューシーでした。
アメリカに着いて初めて美味しいと思ったご飯。世界共通ですね。
CIMG5919.jpg CIMG5920.jpg
右の写真は空港内にあるipodやBOZEのイヤフォンなどの自販機。
クレジットカードでしか買えない。
これまたいちいちカッコいい。

搭乗口で待機していたのですが、乗るはずの飛行機にトラブルが
あったみたいで何度もアナウンスが流れたり、掲示板に表示され
ているのですが、聞き取れないし読めない・・・
唯一出来たのは、チケットを見せて何時発か?と聞くことだけ。
何か色々説明してくれてるのに、聞き取れないのが本当に悔しい。
スタッフも何時発になるか分からないみたいだったので、その場を
離れることも出来ず、ひたすら待ち続けて2時間くらい…

周りに日本人はまったく見当たらないし、当たり前ですがどこを
見ても英語、何を聞いても英語。 くっそー!!!!!
焦りと心細さで少し凹みました。
喋れない、という壁をものすごく大きく感じた場面でした。


次は、いざ、グランドキャニオンへ!! 
アメリカ一人旅マジすげーの巻 vol.2

ども、鈴木美海です。

アメリカの旅、vol.2です!


二日目は、同じくL.Aにあるサンタモニカとハリウッドへ
車で行ってきました。
フリーウェイを使うととても近い。30分くらいかな。
至るところにフリーウェイの出入り口があるので、とても
便利です。さすが車社会。
車といえば、7割くらいが日本車でした。日本はすごいです。

CIMG5863.jpg CIMG5864.jpg
南国ですねー 右の写真はサンタモニカピア。
観光客もいっぱいいてすごい賑わいでした。
大道芸人や、ストリートライブに似たようなライブを
やっている人たちも多くいて、それぞれが思い思いに
楽しんで、楽しませているという和やかな空気。

メインストリートで古着屋や面白い雑貨屋にも入ってみま
したが、ここでもやっぱり気さくで親切なんです。

一人でめちゃくちゃ楽しみながら歩いていたもんだから、
観光客らしい白人の方に道を尋ねられました(笑)
右も左も分からないのはこっちの方なのに変な感じですね。

昼ご飯はちょっと贅沢しようと思いイタリアンレストランに。
CIMG5876.jpg
こっちもまたすごいボリューム。しかしこのピザ美味しか
った! FISH MARKETのレストランでもそうでしたが、
ウェイターウェイトレスがとても笑顔で接してくれる上に、
食事中にも何度もこちらを気にして「Everything good?」
と聞きにきてくれます。

中には日本人だと説明すると、知っている日本語を話して
きたり旅の内容に興味をもってくれたり、会話を楽しんで
くれる人もいました。
日本にはない距離感がとても新鮮でしたし、何より嬉しい。


サンタモニカで3~4時間プラプラしてから映画の街ハリウッドへ。
CIMG5882.jpg CIMG5883.jpg

チャイニーズシアターだー!!
マッド・デイモンやウィル・スミスなどハリウッドスター達の
手形足型がテレビで見た通り、地面いっぱいに。
ここでも大道芸人のパフォーマーがたくさんいて大賑わい。
大好きなスパイダーマンと(^0^)/
CIMG5898.jpg CIMG5895.jpg

右の写真はバケツドラムのパフォーマーに誘われたちびっ子
が一緒に叩いてるところ。良い写真が撮れた…

映画の街の通り、ものすごい宣伝の数。街中に新作映画の
広告がどっさりあり、バスやタクシーの車体全体にも広告。
スパイダーマンの他にもスーパーマン、パイレーツ・オブ・
カリビアンの格好をしたパフォーマー達もたくさんいました。

L.Aという街でとにかく感じたのは、誰もが思い思いに
生きていて、イキイキしてる、ということ。
どんなに他人でも何か言葉を交わした相手には、必ず最後に
有難うと、相手を労う言葉がついてくる。
そして言われたほうも「You to」と返す。
全身で表現をして、相手の目を笑顔でじっと見る。

それぞれが自信に満ち溢れていて、他人にどう思われるとか
一切気にしていないし、逆に他人を見てヒソヒソと何かを
言う人たちもいない。 常にフェアでオープンな状態。
自分の人生を思いっきりやりたいように楽しんで生きている、
かのように映りました。
そして街が、人が温かい。
日本では味わうことが出来ない空間でした。

世界は思っている以上に素晴らしい。



次回はvol.3!!
アメリカ一人旅マジすげーの巻 vol.1

ただいま!!

アメリカ西海岸、ロサンゼルス・ラスベガスの一人旅から
無事に帰ってきましたー!!

すごく、良かった。行って良かったと心から思います。
このブログにて、見てきたもの感じたもの、お伝え出来たら
いいなと思います。


約一週間という短い時間の中での旅でした。
本来の目的はグランドキャニオンをこの眼で拝むこと。
そして、少し堅いですが日常の中で身に付けてしまった妥協
や建前、価値観、思考、先入観、押し殺しているもの、そんな
もの全てを含む自分を解放すること。
平たく言うと、よく言うリフレッシュかな(笑)


羽田からロスまで10時間くらいのフライトで時差は16時間。
夜中に出発して、また夜のやり直しという奇妙な感じでしたが
まったく以って時差ぼけはありませんでした。
帰りもそう、朝5時に帰国して昼から仕事に行けるくらい
問題なかったな。

ロスには夜に到着したので、スーパーで必要なものを買出し
して、また明日のためにもう一眠り。いくらでも寝れる(笑)
そして一人旅一日目は、快晴の中、ロスのダウンタウンの
ホテルから、レンタカーにてメキシコとの国境付近、サン・
ディエゴまで往復6時間弱のドライブしてきました。
CIMG5820.jpg CIMG5821.jpg
日本語音声のナビもあって快適。
フリーウェイも広いところだと片側7車線もあって、スケールの
大きさを感じました。
左ハンドルで右車線。やっぱウィンカーがワイパーなっちゃうの
何度かやりました(笑)

海沿いのNORTH HARBOR DRIVEという通りにある観光スポット。
気温は過ごしやすい26~7度。日本のような湿度はなく、
カラッとしているので本当に気持ちが良い。
CIMG5827.jpg CIMG5831.jpg
カリフォルニアの海辺にチェーン展開をしている鮮魚レスト
ランFISH MARKETというお店で昼食。
パスタを頼んだんですが、やっぱ量が多いですね。
店内の写真も一緒に。
CIMG5836.jpg CIMG5835.jpg
気候のせいなのか、みんな笑顔だし気さくだし、本当にフレン
ドリーで優しい。
皆すぐに声を掛けてくれるし、つたない英語でも聞き取ろうと
してくれるし、ジェスチャーなんかでも案外伝わる。
人種差別なんて何一つ感じることなく、過ごしました。

帰りは何度か睡魔に襲われながらロスのホテルに無事に帰宅。
CIMG5846.jpg CIMG5849.jpg
夜はホテルのプールバーでビールを飲みながら・・・
めちゃくちゃ素敵な雰囲気。
ほどよく酔っ払って、すぐに熟睡できましたよ。
明日は、サンタモニカとハリウッドへ!!

copyright © 2005 鈴木美海 -suzuki marin- ときどきブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。