鈴木美海 -suzuki marin- ときどきブログ
いろんなこと、たまにお知らせ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
活動開始まで
どうも、鈴木美海です。

なんやかんやで帰国してから一年が経ち、もう年末ですね。

身体のチェンジを始めてからも一年が過ぎましたが、お陰様で順調ですし、楽しく過ごしてます!

早くライブもしたいのですが、やはりまだ声が落ち着かないため、皆様の前で歌えるのはもう少し先になってしまいそうです。
チェンジとゆうのは簡単ではないですね笑

本当はまた今年の冬にでもやりたかったので残念です。
来年の…3月?4月?その辺だったら出来るんじゃないかなーと思っています。
またお知らせさせてもらいますので、もう少しお待ちください!!
スポンサーサイト
約10ヶ月振りですが・・・

大変ご無沙汰しております、鈴木美海です。

え?まだこのブログやってたの?って感じですが、、、


なんとなく、ふと久しぶりに書いてみようと思い立ちました。
今まで約10ヶ月、何も書かなかった理由は一つ。
体のチェンジの過程をつらつら書いても面白くないし、この
ブログの趣旨が変わってしまいそうだから、です。

何の説明もせずに沈黙してしまい、失礼いたしました。


でも、こんだけ久しぶりに書いて一体どれだけの人が読んで
くれるんでしょう 笑

まあ、今日も一人でつぶやいてみようか。


今現在は、シドニーに発つ前まで働かせてもらっていた会社に
戻り、男として働かせてもらっています。
体も順調ですし、むしろ快適です。
乳房を切除して何が嬉しいって、この夏、Tシャツ一枚で生活
出来る事が何より嬉しい。


声はもう完全に男性になりました。
体つきも筋肉質になってきています。

まだ人様の前で歌える声ではありませんが、冬頃にまたライブ
を再始動したいと思っております。
新しい鈴木美海ではなく、本来の鈴木美海として。

静かに、穏やかに、楽しみな気持ちが膨らんでいます。

待って下さっている方には申し訳ありませんが、もう少しだけ
待っていてください!

ではまた~
ただいま


鈴木美海です。 ただいま!

帰国から5日経って、いろんなことが落ち着きました。
家族にも友達にも会えたし、食べたいものも腹いっぱい
食べたし、日本を満喫しています。

帰国前のパース旅行も最高の思い出になりました!
次回にでもゆっくりお伝えさせてもらおうかと思います。


で、身体のチェンジについて、帰国後すぐに動くつもり
ですと述べましたが、実際すぐに動きました。
19日に医師から性同一性障害という診断書を発行して
頂き、男性ホルモンの注射も開始しました。
来月には、長年連れそった乳ともお別れします!

シドニーで、10数万円を掛けて2ヶ月弱通院しても出来
なかったことが、一日で出来てしまいました。
帰ってきて良かった。本当に。
これからが本当の正念場となるけど、楽しんで生きて
いくつもりです。

早くライブもしたい。
そのために今に集中する。
それが第一優先であり、これが僕の心の声。
なので、これから徐々に変化していきます。

向かうところ敵なし!!!

とりあえず、気になっていた方もいらっしゃるかと思う
ので報告させて頂きました!
帰国まであと15にち!
どうも、鈴木美海です。

タイトル通り、あとちょっとで帰国します。
そしてワーホリを8ヶ月で終了させ、そのまま日本にいること
に致しました。
1年間という猶予が与えられたビザなので惜しい気もしますが
これからの人生が楽しみ過ぎて帰国まで待ってられません。
チェンジのためすぐに動くつもりでいますが、なるべく早く仕事
も見つけて、ライブもしたいんです。


この8ヶ月、とても濃く貴重な時間となりました。

車とフェリーを乗り継ぎ向かった島で、1時間以上のブッシュ
ウォークの果てに臨んだ360度の海という絶景、レストランの
キッチンで一生分の玉ネギを千切りしたこと、初めて出来た
韓国人の友達と、お互いに拙い英語で5時間も語りあったこと
club(踊る方)で白人の男と喧嘩になり、セキュリティが止め
てくれなかったらきっとボコボコにされてたであろうこと、バー
で初めて外人の女の子から逆ナンされたこと、仕事仲間と
朝の3時過ぎまでひたすら飲み続けたこと、、、

たくさんの時間の中で人の温かさに触れ、いろんな考え方、
価値観を知って自分の視野の狭さも痛感した。
そして何より、一人きりで自分に向き合う時間を持てたこと。
一番の敵は、己ですから。素晴らしい時間でした。



毎日毎日、ひたすらに働いていましたが出会いの数は本当に
たくさんあったんです。
同世代の中で、防衛省でテポドン相手に仕事をしてたという
人、ジャズピアニスト、各国を回って旅をしている人、元夫
との裁判で日本とシドニーを何度も行き来して子供のために
戦っている人、一級建築士の肩書きを持つ天然な人、保母さ
ん、ヨガのインストラクター、料理一筋で生きてる人、キャバ嬢
、現役大学生、海外からの留学生、etc

いろんな人がいて、みんなそれぞれに自分の人生を必死で生
きて、模索してる。
とても刺激的で魅力的な出会いばかりでした。

他にも色んな事がありましたが書き切れない・・・
そして4日後には、シドニーの真逆に位置する西海岸にある美
しい街と言われているパースまで10日間の旅行が待ってる。
シドニーしか知らずに帰るのは勿体無いので、帰国前にめちゃ
くちゃ働いた自分への褒美。
きっとまたそこでも、新しい出会いがあるはず。


実はこのワーホリの制度を、旅立つ3ヶ月前まで全く知らなく
て、友達に教えてもらったその翌日にはビザを取得してました。
いつかのブログにも書きましたが、何か目的があって来た訳
じゃなく、むしろ何をどうしたらいいか分からず、まるで逃げ
るように来たんです。
僕はきっと底なしの弱虫だったからこそ、たくさんの意地と無
駄な見栄を張り続けて必要なことを見失っていたんだと思いま
す。そんな自分と向き合える時間が持てたことは、最高に贅沢
だったし、僕のこれからの人生に必ず反映される。
だから今、帰国後の日々が楽しみでしょうがない。こんなに人生
にワクワクしたのって初めてかもしれない。ありがたいことだ。

なんだかいつも以上にまとまりのない文章になってしまいまし
たが、つまり、人生は一度しかないから、楽しんだ者勝ちだと
いうこと。かな。

ではまた、、、次回はパースの画像をアップすると思います!

また日本いきまーす
ども、鈴木美海です。
気付けばもう9月になるじゃないですか!なんてこった。
シドニーもすっかり春の空気に変わって、日中は半袖でも
過ごせる陽気で気持ちが良いです。

最近Facebookで繋がった昔の友人達に子供がいたりして、
もうそんな年齢なのか、と我が身を疑ってます。
みんなすっかり父さん母さんになってて2人、3人と育てて
いるから驚きと共に敬意を払いたくなる今日この頃。

さて、僕の最近の動きですがシドニーでのホルモン治療は
断念する結果となりました。
何よりも法律と時間の問題が一番ですが、外国人の身として
は余計にお金も掛かってしまう。
先に言ってほしかったすね。すでに十数万円の損失 笑
まあ終わったことは仕方ないので日本でやります!
日本といえば、10月中旬にまた帰国しますよ。
いろんな事の切りが良かったし、治療についても調べたい。

僕の今の第一優先は、身体をチェンジすること。
だから実のところ、今回の帰国後もう一度オーストラリアに
戻るかどうかも決めてない。せっかくビザが残ってるので、
勿体無い気もしてるため考え中。
ただ、なるべく早くライブ活動を始めたい気持ちもしてる。
やっぱり半年も楽曲制作から離れてると、ウズウズします。


もし母の死が無かったら、もし十数年一緒にいたパートナー
との別れが無かったら、もし父の応援が無かったら、そして
もし、僕の人生を180度変えた愛する人との出会いが無か
ったら。
今ここで、こうして自分磨きに専念出来てるのも、この偶然
じゃなく必然の出来事たちのお陰なんだと思うと、僕は相当
運が良い。
海外とは無縁だと思ってたんですよ。
アメリカ一人旅だって、する日が来るとは思わなかった。

でも僕はマリン。この名前は海も越えて響く事が出来る。
そして、みんな平等に「生と性」を受けて生まれるはずなの
に、僕には「おまけ」もついた。
このどちらも、今では親に感謝しています。
つまり、僕はずっとマイナスにしか捉えてなかったこの運命を
ここに来て、一人になって、やっと気付くことが出来たという
こと。僕が背負う運命は、僕にしか背負えないんだということ。

アホですね。ここまでしなきゃ気付けないなんて。

今日は仕事がオフだったので、またこんな真面目くさった事を
考えていました。
写真 1写真 2
うまくないすか?このDarling Harbourの景色をパノラマで
撮りたいと思って思いついちゃったもんね。
家から10分と歩かずに来れる距離にある観光スポットです。
ちょうど人が少ないときを見計らって撮りましたが、本当は
家族連れや恋人たちなど人でいっぱい。
毎週土曜はこの目の前の海で綺麗な花火も上がります。

来月いっぱい仕事頑張って、そしたらパースまで旅行に行って
その後帰国します!
風呂入りて~ うんまいもの食いて~!!
あれから一ヶ月
どうも、鈴木美海です。

日本、すごい暑いみたいですね。
あのジメっとした夏が恋しい・・・。

と言うより、卵かけご飯とか、鯵の干物とか、焼き鳥とか
回転寿司も、居酒屋も、何もかも普通にとても恋しい。
こっちでもちろん食べれなくもないですけど、高いし、
なんか違うんですよね。
日本の定食屋みたいなレストランで働いてるので毎日
まかないは日本食ですが、なんか違うんですよ。味が。

どこでもドアとか、ワープとかそんなん無いけど欲しい。
切実に願う今日この頃。


さて、前回のアップより一ヶ月経ちました。
コメントしてくださった方、直接メールを下さった方、本当に
どうも有難うございました。
心温まるメッセージをいっぱい頂きました。
理解、応援、希望。 同情や批判はありませんでしたが、
それがあってもなくても、すべてが自分の意識の問題です
から、何も求めていません。
そのため、一人一人に返信するのも可能でしたが、あえて
控えさせて頂きました。許してくださいね。
ただ、とても嬉しかったのは確かです。有難うございました。

その後ですが、なかなか思うように進まず、まだ治療を
開始しておりません。
万が一こちらでの治療を断念せざる得ない状況になっても、
目的は変わりませんので、帰国してから始めるつもりです。

もう、答えを出すのにここまで時間が掛かったから、今更
急ぎませんし、むしろこの一つの答えによって、たくさんの
物事が見えるようになりました。
それは非常に簡単でシンプルなこと。
「心の声」を聞いてあげること。それに素直になること。
僕はなかなかの頑固者で意地っ張りですからね。
色んなことに、ずいぶん遠回りをしてしまったみたいです笑

それに気付けただけでも大きなこと。
こんなに自由に生きれて、こんなに自分と真剣に向き合え
て最高に幸せ者だと思います。

日々、いろんな人に出会うんです。
同じワーホリビザの人が多いですが、年齢も考え方も様々
で、それぞれの1年という期間の中で同じオーストラリア
を選び、シドニーに住み、同じ空間を共有する。
いくつもの偶然が重なって出来た出会い。
こんな経験、今までしたことなかったですから、目まぐる
しく変わる環境が忙しい反面、面白い。
英語はね、、、外人の彼女でも出来たら話が早いんだろう
けど、第一優先が治療と貯金ですから!!!
別にモテなくないですから!!!
って、見栄を張っても仕方ない。
必要な時期が来たら、自然と英語を身につけますよ笑


先日、ブルーマウンテンに行って来ましたよ!
久々の観光、満喫しました。
山の中だから寒かったですけど、天気も良く空気も澄んで
Beautiful view でございました。
画像はスリーシスターズ。三人姉妹。キャッツアイ?
bluemountain.jpg
次はワイナリー巡りをしにハンターバレーに行く予定だし
10月には友達とメルボルンやパースまでラウンドします!
ワーキングしたらホリデーもしなくちゃな。
もっと楽しむぞー!!

みなさんも素敵な夏休みを(^^)/
人生は一度きり、だからこその答え

「鈴木美海は男です  身体を男に変えます」

ここシドニーにてすでに幾度かの問診、血液検査を終え、
その第一歩として男性ホルモンの投与を開始します。


どうも、鈴木美海です。
今日もブログを覗いて下さり有難うございます!!

前回、近いうちにお伝えします、と書いた自分への答え
についてのお話をさせて頂きます。
この日が来たか、という方もいらっしゃれば、初耳の方
もいらっしゃいますので、賛否両論があると思いますし
批判も何も、すべて承知の上でのご報告です。
もったいぶらず、先に答えを書かせて頂きましたが、
最後までお付き合い頂ければ幸いです。


幼少の頃より心の性と身体の性が一致しない『性同一性
障害』でした。
この障害名をご存知でない方がおられるかも知れませんが
ここでの説明は省かせて頂きます。
(簡単に言うと、女として生まれたけれど心は男、または
男として生まれたけれど心は女、という状態の事で、鈴木
美海は前者です)

思春期、青年期と、お察しの通り何度も苦悶をしました。
今でもふと、ネガティブになる時には底知れない屈辱感、
劣等感、未来に対する絶望感など、自分の運命を呪うほど
打ちひしがれる事もあります。
しかし環境にも恵まれていたお陰で、友人や家族を含め
誰に否定されることもなく、人並みに恋愛もしてきました
し、ましてや人前で歌を唄うという、素晴らしい機会にも
恵まれてきました。
むしろ、何不自由なく生きてこれたとさえ感じています。

ただ、今後の人生を考える際にどうしても付きまとう問題
が自分自身の性別のことでした。
シドニーに来てからも、何度も自身と向き合う時間があり
その中でやっと出せた自然な答えだったんです。

身体へのリスク、人生へのリスク、何より声の変化に対し
何度も自問自答いたしました。

ですが、人生は一度きり。
僕は女の子に恋をする、普通の男です。
僕の人生は僕にしか生きれないし、こんな風に生まれた事
を不運だったとは思いたくない。何より心から尊敬する
偉大な父と亡き母に与えてもらった最高の人生ですから、
最大限に謳歌し、生き抜きたい。
一人の人間として、そこに辿り着きました。


この、暴露でもあり、突然の宣言にもなることをブログ、
Facebookでつらつらと書いておりますが、実際多くの方が
驚かれていると思います。
ですが大きな節目の30歳にして、異国の地でこの決断を
し、こうして皆さんに報告している事に一番驚いている
のは僕自身かもしれません。
ホルモン療法のスタートまでもう少し時間がかかるみたい
ですが、もう揺るがない気持ちでいますのでここに報告
させて頂きました。


このワーキングホリデー
年齢制限ギリギリのラストチャンスで渡豪し、人生最大と
なるであろう転機に出会えたこと、成るべくして成った
シナリオだと思う。
まだ8ヶ月も残っていますので、充分楽しんでから帰国
する予定です。

そして、今後のライブ活動について。
いつ、とは言えませんがきっと再開する日が来ると思います。
まるで別人が唄うという感じでしょうから、違和感ですかね。
その時には、また懲りずに聞きにいらしてください!
僕はきっと一生、どこかで唄い続けます。


長文のご拝読、どうも有難うございました。


                      2012.7.10 鈴木美海


最近のこと
どーも、鈴木美海です。

だんだんと本格的な冬に近づくシドニーは、
マジに寒いす。 日本は梅雨のど真ん中ですかね?

こっちは最近、メルボルンで10年ぶりの地震がありました。
シドニーにも何度か豪雨があって、みんな口を揃えて異常だ
と言っています。 今は地球がおかしいですね。


私生活は、というと相変わらず日々働いてます。
貯金、貯金、の毎日ですね 笑
大事なことにお金を遣いたいので、今は我慢の時。

大事なこと、と言えば最近になって気付いた事があります。

思いやり、信頼、愛情。

今まで、そのどれも知ったつもりでいましたが、何にも
知らない子供だったみたいです。
いや、むしろ今もそうなのかもしれない。

誰も信用してなかったのは、こっちの方
誰にも心を開かなかったのも、こっちの方。

鈴木美海という存在を誰一人知らない世界に飛び込んで
ゼロからのスタートを始めたから気付けたんだと思う。
人はとても孤独で、だからこそ誰かと繋がりたいと願う
そのくせ、いつも求めるばっかりで、自分は閉じこもる。
愛し方も愛され方もまともに知らないで生きてきたみたい。
それに気付けた事が、妙に嬉しい。

前回、人生の好機のお話を少ししましたが、最近もう一つ
この先の長い残りの人生について、じっくり向き合って
考える時間がありました。
まだ答えを出せなかったときに、ものすごい夢を見ました。
あまりに衝撃的で、今も鮮明に残っています。
それについては、いつかライブの時にでもお話し出来ればと
思いますが、その夢を見たと同時に、答えも出たんです。
はっきりと。

次回近いうちに、その答えをこのブログにてきちんとお伝え
するつもりです。もう、閉じこもりません。
またここを覗いてくれたら嬉しいです!

sdn02.jpg
オペラハウスのすぐ隣に掛かるハーバーブリッジ。
sdn03.jpg
ハイドパークと呼ばれる大きな公園の中にある巨大チェス。

シドニーは都会ですが、時間はゆったり流れています。
この国の空気は、すべてを許容するような世界。
ここで暮らすのも悪くない。
世界は、ほんとーに広いんだ、と思います。

また近いうちに更新します。
ではでは、Have a good one!
人生のビジョン

鈴木美海です。
みなさんお元気ですか?

今日のシドニーは朝から冷たい雨。
仕事は夜からなので、ゆっくりブログを書いてみようと
思いました。

こちらに来てから3ヶ月。
真夏から冬に変わっていくシドニーで暮らしています。

ワ-キングホリデーのビザで今ここにこうしている訳
ですが、思い立って、ここに来たのが事実です。
正直言って、目標、目的、そんなもんは後付でした。
漠然と、今のままではいかん、という思いに駆られて
何となくシドニーに来たんです。
いうもそう、行き当たりばったりで、うまいこと?擦り
抜けて。でも本気の後悔をしたことはない。
それは、物事に対して本気でやってこなかったからなの
か、それとも鈍感だからなのか、分からない。

しかし、今度ばっかりは行き当たりばったりで生きるには
厳しい現実にぶち当たっています。
30歳という節目でもあり、一人の人間として人生のビジョ
ンを本気で考える時期になりました。


今、一つの出会いによって大きな好機が目の前にあります。
いつも人に恵まれている。
こんなに曲者で、頑固で無知なのに。

それが吉と出るか、凶と出るか、自分次第。
なぜ、こうなったのか。
一度しかないからこそ人生は本当に面白い。
この好機のチョイスに迷う以前に、答えが出ているんだか
ら本当に面白い。
逃げるわけないだろう。

いつも、今欲しいものは今欲しい、今白黒つけないと気が
すまない…そんな風に、短絡的にしか考えてこなかったけど
初めて、長い目で自分の人生を見つめています。
みなさんの前で唄うのは、まだまだ先になりそうです。

ultimo.jpg
天気の良い日に撮影しました。
シェアハウスのキッチンからの眺め。
すぐ手前に見えるベンチでよく、タバコを吸いながら
物思いに耽っています。
明日晴れたらまたそこに座る。
そしてそのベンチで未来のビジョンを描く。


マハトマ・ガンジーの言葉

「明日死ぬと思って生きろ
          永遠に生きると思って学べ」

反省だらけの人生ですが、この言葉のように、人生を
必死に楽しみます。

ではまた!! see you soon ;)
一時帰国して来ました!

こんにちは、鈴木美海です。

Sydneyはすっかり秋の空気に変わり、長袖率が増えて
きましたが、そんな中、母の三周忌のため昨日まで日本に
帰国していました。

当初は、というか本当ならば一週間の滞在予定だった
のですが、帰りのフライト日を勘違いして乗り過ごす
というアホなドジをしてしまったため10日間過ごしました。

しかし何がどうであれ、日本の風呂という文化は素晴らしい。
魂が抜けるほどの深~い溜息を吐きながら毎晩浸かって
いました。
こちらの生活に湯船は無いですし、シャワーも上からの
固定形が一般的なため、変な話、お尻を洗うにも一苦労。
一人でジャンプして洗ってますよ…うはは。(←真剣)

10日間で何をしたかというと、今回の目的、母の誕生日に
開かれた三周忌。
母がいなくなってからもう1年以上も時間が過ぎました。
時間の流れは恐ろしいほどに早いし、自分を含め家族
みんな、それぞれの日々を前向きに生きています。

乗り越えるのではなく、耐えるのでもなく、忘れる
のでもなく、すがるのでもなく、受け入れること。
人は物凄く弱い生き物だけど、きっとそれ以上の強さを
持っているんだと思います。
それは多分、全ての物事にも共通しているんだろうな。

親戚一同で集まって、賑やかに食べて飲んで、母の面白
エピソードや懐かしい話に花を咲かせた楽しい時間でした。
きっと母も参加していたと思います。

家でゆっくり過ごして充電したり、友達に会ったり、
美味いもん食べたり、買い物したり、遠出したり。
まあ、本当に伸び伸びと過ごしてきました。


しかしこっちは寒い!便座も冷たいし!
さあ、またアウェイの生活が始まるぞ!!
でっかくなるぞ!! オレ、頑張れ!!

日本からパソコン持ってきたのでまたブログ更新しますね~
copyright © 2005 鈴木美海 -suzuki marin- ときどきブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。